選択基準の一つに

>

水の影響とは

軟水と硬水

軟水と硬水は大きく違っています。
それぞれがもたらす体への影響を見ていきましょう。
軟水は日本で主に飲まれています。後に残るにおいがなく、さっぱりとしています。
それに比べて、硬水は口当たりが重くて飲みにくい印象です。
軟水は日本で飲まれているだけあって、日本料理に適しています。
また、赤ちゃんも飲める程優しいというのも特徴です。
硬水は、料理にはあまり適していませんが、軟水よりもミネラルの補給に適しています。
軟水と硬水の違いは、味や飲みやすさに顕著に現れています。
それだけでなく、性質や使い道にも大きな違いがあります。
ウォーターサーバーの水を決める際には、このような水の性質の違いを捉えて合ったものを選ぶべきでしょう。

効果

硬水を飲み続けていると、体や体質に変化が出てきます。
例えば、硬水は飲み続けると便秘が解消されてお腹が緩くなるという性質があるようです。
さらに、血液をサラサラにする栄養があるらしく、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを下げてくれる効果が期待できるそうです。
逆に、軟水は肌や髪などに優しく、泡立ちもいいので使いやすいという利点があります。
硬水と軟水には、それぞれメリットもデメリットもあるのです。
いくら効果があるからと言っても、日々飲んでいれば体が慣れてくるので、効果があまり感じなくなることもあることは覚えておいてください。
水は種類によって味だけでなく、体に与える効果も違ってきます。
水の効果を上手に利用してください。


この記事をシェアする