選択基準の一つに

>

水はどれも同じではない

マグネシウム

水の種類で最も有名なのは、軟水や硬水ではないでしょうか?
それらは、水に含まれるマグネシウムの量によって決まっています。
マグネシウムが多いと硬水となり、少ないと軟水になります。
他にも、ミネラルウォーターにはそれぞれ少しずつ栄養価が違ってきます。
もちろん、栄養価が違えば体に与える影響も違ってきます。
日本では主に軟水が飲まれていますが、海外では主に硬水が飲まれています。
水は毎日飲むものですので、少しずつですが体質に変化をもたらしています。
また、人によって合う合わないがあります。
自分や自分の生活に合った水を選ぶようにしましょう。
ウォーターサーバーの水ならば、なおさら気をつけるべきです。
ウォーターサーバーの性能も大切ですが、水の種類も選ぶポイントの1つに入れていたください。

ミネラル

ミネラルウォーターなどと言われるだけあって、水の栄養価といえばミネラルと考える方も多いかと思います。
水に含まれているミネラルとは、カリウムなどの複数の栄養価の総称です。
マグネシウムと比べてミネラルは、含有量も少ないですし違いがわかりにくいものです。
最近では、ミネラルの量よりも水の産地にこだわっている商品が多いです。
なんとなく味が違っているような感覚はあるかと思いますが、軟水と硬水ほどの違いは感じられないのが正直なところかと思います。
そのくらい、マグネシウムは水の印象や味を左右するのです。
ですので、水の種類をチェックしたい際には、ミネラルよりもマグネシウムを意識して確認することをおすすめします。


この記事をシェアする