選択基準の一つに

水にも栄養がある

ウォーターサーバーの購入を検討する際に、ウォーターサーバーの形や性能ばかりを気にしてしまうかと思います。
しかし、水の種類にも気を配るべきなのです。
たかが水と考えられがちですが、毎日飲む水だからこそ大きな影響を受けているのです。
水の種類は主に軟水と硬水に分けられています。
これは、水に含まれているマグネシウムの量によって決まってきます。
マグネシウムの含有量が多いと硬水に、少ないと軟水という区分になります。
よくミネラルウォーターと言われていますが、ミネラルはマグネシウムほど大きな影響を与えることはありません。
軟水と硬水は、味の違いも大きいです。
日本はこのタイプなので日本人になじみやすいのが特徴です。
それに比べて、硬水は口当たりが重いです。
軟水と硬水では、体に与える影響も違います。
軟水は硬水に比べてミネラルが少なく、肌に優しいです。
硬水は、ミネラルの含有量が多く、便秘解消に役立ちます。
軟水は日本で主に飲まれているので日本人の口に合いやすく、調理に適しています。
硬水は海外で主に飲まれており、日本人には馴染みにくい味かもしれません。
最近では、水の種類や栄養価よりも水の産地に注目する動きがあります。
水ごとに性質や効果があると言っても、飲み続けると体が慣れてしまい水の効果を感じられなくなることがほとんどです。
水は毎日飲む必要不可欠なものですので、ウォーターサーバーを購入する際の1つのポイントに水の種類も気にしてみてください。

おすすめリンク

仏様への報恩謝得の心を念仏宗で養いましょう

念仏宗では年間を通じて仏教の教えや人としての学びを、楽しく学べるように機会を設けています。

念仏宗がお伝えする仏教の教えで苦を乗り越えましょう

どんなにつらくても、苦を乗り越える強さを念仏宗では説いています。心のやすらぎを求めてみませんか?

心のやすらぎと平和をもたらす念仏宗

みなさんの悩みは何ですか?苦を乗り越える心の在り方を念仏宗では仏教の教えから説いています。